1. ザイロリック通販で痛風さよなら   >  
  2. ザイロリックの効果

ザイロリックの効果

痛風患者の足

これまでザイロリックを長期間服用して痛風が見事に治ったという人の声が多数あがっていることからも、ザイロリックは非常に効果の高い痛風治療薬であることがわかります。
ザイロリックの具体的な効果として、体内に存在するプリン体が痛分の原因物質である尿酸に変化してしまうのを防いでくれるのです。

プリン体は体内に入ると尿酸と呼ばれる物質に変わるのですが、尿酸が溜まり過ぎると尿から十分に排泄されず、体内に血しょうとして残ってしまいます。残った尿酸が関節に溜まっていくことで、激しい関節痛を伴う痛風を発症してしまう訳です。

体内の尿酸を減らす効果

ザイロリックはプリン体が尿酸に代わる過程を止めることで、体内でつくられる尿酸の量を減らす効果が期待できます。それによって体内の尿酸生成量が抑えられて、できてしまった尿酸も尿としてスムーズに排泄されるようになります。そのような状態を作りあげることにより、徐々に尿酸値を下げて痛風の症状を和らげるのです。

■痛風の原因といわれるプリン体と尿酸

プリン体は体内での細胞の新陳代謝の際にも多く生成されていて、それが7割〜8割程度を占めているといわれています。このことから過剰な運動やストレスなども、プリン体を多く生成させる原因といえるのです。細胞に存在する核酸からプリン体→ヒポキサンチン→キサンチン→尿酸というように体内では生成されています。
そしてキサンチン→尿酸の代謝が起こるときには、キサンチンオキシダーゼという酵素が必要です。その酵素を阻害する働きがあるザイロリックは、痛風の原因に作用してくれる治療薬といえます。食事のプリン体が原因として注目されがちですが、過剰な運動や生活習慣の乱れによるストレスなどが高尿酸値に影響している可能性もあるのです。

有効成分アロプリノールの働き

こうしたザイロリックがもつ高い効果には、有効成分であるアロプリノールの働きが大きく関係していて、尿酸が作られるときに作用する酵素キサンチンオキシダーゼを阻害してくれるのです。この働きによって体内で尿酸ができにくくなるため、血中や尿中の尿酸値を下げることにつながります。
アロプリノールは、ヒポキサンチンが尿酸へと変化するときに必要なキサンチンオキシダーゼによく似た構造をしていて、ヒポキサンチンと結合するとオキシプリノールという物質に変化するのです。この働きは、ヒポキサンチンとキサンチンオキシダーゼが結合してしまうのを防ぐため、尿酸の生成を抑える効果が期待できます。それだけでなく、オキシプリノールもキサンチンオキシダーゼを阻害する働きを持っていて、アロプリノールにオキシプリノールも加わって、尿酸値の上昇を抑える働きをしてくれるのです。

痛風とザイロリック

痛風がひどくなると、尿路結石や腎障害といった病気を併発してしまいます。ザイロリックは痛風を緩和することで、関節的にその他の病気の予防をすることにも役立っているのです。
ザイロリックは効果の高いお薬ですが、尿酸値が下がったからと言ってすぐに服用を止めてはいけません。痛風は長期にわたって治療する必要があるため、尿酸値が下がった後もしばらくはザイロリックの服用を続けましょう。ザイロリックを服用して急激な上昇を抑えながら、運動量を適度におこなったりストレスを軽減するなど生活習慣を整えることも大切です。

ザイロリックは通販サイトで購入可能です。海外からの発送なので、医師の処方箋を得る必要がなく、病院に行って処方してもらうよりも安価に手に入ります。一度に複数箱買うこともでき、まとめ割や送料無料といった特典も受けられるのです。