1. ザイロリック通販で痛風さよなら   >  
  2. ザイロリックの注意点

ザイロリックの注意点

ザイロリックを飲む男性

ザイロリックは数多くの痛風患者の症状緩和に役立っていて、痛風治療薬として高い評価を得ています。痛風は体内に摂取されたプリン体が尿酸に代わり、尿酸の生成量が増えることで体外に排出されにくくなり、関節に尿酸血しょうが溜まることで起こる病気です。
ザイロリックはプリン体が尿酸に代わる過程をブロックすることで尿酸が増えるのを防いでくれる安全性の高いお薬ですが、服用にあたりいくつか注意点があるので紹介します。

ザイロリックを服用してはいけない時がある

まず、痛風発作が起きている間に服用してはいけません。痛風発作は関節に溜まった尿酸血しょうが溶け出すことで起こるものですが、ザイロリックの尿酸値を下げる効果によって尿酸血しょうが溶かされて尿として体外に排出されやすくなるのです。
この作用があることで発作中に服用してしまうと、発作が悪化してさらに激しい痛みを伴うのです。ザイロリックを服用している間に発作が起きてしまった場合は、落ち着いてから2週間ほど経過した頃に再度服用を開始してください。

飲み合わせの良くない薬もある

痛風発作が無い状態でも、ザイロリック以外の薬を服用中の場合は飲み合わせに問題がないか確認することをおすすめします。ザイロリックに含まれるアロプリノールは、メルカプトプリン(白血病の薬)やテオフィリン(喘息の薬)をはじめとする薬の代謝を阻害する性質をもっていて、ほかにも免疫抑制・抗けいれん・エイズなどの薬に対しても服用量を減らすなどの調整が必要といわれているのです。
そして医薬品であるザイロリックは、必ず水またはぬるま湯で服用することが大切です。それ以外の飲料と一緒に飲んでしまうと、薬の成分が溶けてしまい十分な効果を得られない可能性があります。

■服用時十分な注意が必要な方もいる

痛風予防や尿酸値抑制に対する高い効果を持っているザイロリックですが、過去にアロプリノールの成分でアレルギーなど過敏症状を引き起こしたことがある方は服用は避けたほうがいいでしょう。
また、高齢の方や腎臓が悪い方は代謝が遅れがちなので、用量を少なめからはじめるなど安全性を高めることが大切です。さらに妊娠中や妊娠の可能性がある方も安易に服用せずに、一度医師へザイロリックの服用について相談してください。

ザイロリック服用時の注意点

服用方法として軽症のときは200mg〜300mgを2〜3回、重症のときは700mg〜900mgを2〜3回飲むことが推奨されていますが、飲み始めは1日100mg程度と少量にして徐々に増やすことがおすすめなのです。急激な尿酸値低下は痛風発作を引き起こすきっかけを作ってしまう可能性があるので、少しずつ尿酸値を下げるようにしましょう。

ザイロリックの服用だけで痛風完治は難しい

ザイロリックを長期間飲んだとしても痛風を完治させるのは難しいといえます。いくらザイロリックを飲んでいるからと言っても、食生活が乱れていたり運動不足だと痛風はいつまで経っても治らないのです。薬ばかりに頼らず、生活習慣を改善する努力もしましょう。

ザイロリックは医薬品を販売している通販サイトで販売されています。痛風治療の為に毎月病院に通ってザイロリックを処方してもらうのが大変という方は、ぜひ通販サイトを利用してみてください。病院処方よりも安く買えるだけでなく、手間も楽になります。